パリで一度はゆっくりランチを食べよう

 

フランスといえば、美食の国!

日本では輸入品として

ちょっとお高く売られている食材も、

現地フランスのスーパーでは

お手頃価格で買えるものがたくさん。

フランスのスーパーは行っておもしろかったので、

それについては後日書かせて頂きますね。

 

さて、海外旅行に行った際、

みなさん食事はどうしていますか?

 

わたしは大抵、現地でポピュラーな軽食を

食べることが多いです。

 

パリではバゲットとか。

みんなよく歩きながらバゲットを食べてて、

その光景が新鮮でした。

モツァレラチーズとトマト、バジルなどが挟まったものもあれば、

ハムとチーズが挟まったもの、

はたまた何も挟まっていない

プレーンのバゲットを頬張る人もいました。笑

 

食文化の違いって本当におもろー!

 

バゲットはおすすめです。

文字通り、どこでも買えます!

パン屋さんはもちろん、

道端のカフェなどでも、

持ち帰り用に窓を設けて

様々な種類のバゲットを

売っていたりします。

買ったら、あとは公園や

ちょっとした広場のベンチに座って

ゆっくり~まったり~頬張るだけ!笑

「パリっぽいな~」と浸れること間違いなし。

 

でもでも、今回パリを訪れて、

一度はレストランで食事をすることを

みんなにもおすすめしたくなりました。

(読んでいる方の中には、もともとレストランで食事をする方もたくさんいると思いますが。)

 

レストランって、

一人旅だと少しハードルが高かったり、

予算が合わなかったり、

わたしは今までの旅の中で

あんまり現地のレストランで

食事をすることがなかったんです。

 

でも今回、パリで日本人の友人と

行ったレストランの料理が本当に素敵で。

 

とにかくまずは写真を載せますね!

 

ハーブ入りの重みのあるパンと、ライムがポイントのかぼちゃスープ

 

 

白身魚とカブの料理。鮮やかな色のソースは塩味がきいていて、魚とよく合っていました。

 

 

濃厚なチーズ×パッションフルーツソース×甘く煮たカボチャのデザート

 

 

わたしは日本でこんなにアートな

食事を頂いたことがなかったので、

スープの時点でワクワクが止まりませんでした!

 

どの料理の色も野菜など食物由来のもので、

盛り付けもこだわりを感じさせます。

 

もちろん、味はおいしかったです。本当に。

 

今まで、

一人で入ることや、

値段にハードルを感じて

海外のレストランでゆっくり食事をすることが

あまりなかったのですが、

今回このようなランチを頂いて

一回も現地のレストランに入らないのはもったいな過ぎる!

と思いました。

 

日本のおにぎりのように、

現地で好まれる軽食は

その土地の食文化をよく表していると思います。

すごくおもしろい。

でも、レストランの食事もそれは同じなんですね。

 

わたしは今回このランチを頂いて

「やっぱりフランスは美食の国だなあ」

と強く実感することができました。

26ユーロと、確かにお値段は安くないですが、

払う価値がその価格以上にあると感じました。

 

なんというか、

こういう目にも美しい料理を運んでもらって、

ゆっくりと食べるその時間が素晴らしすぎて。笑

きっと今まで海外でこういう経験に飢えてた。笑

 

 

しかも、ウェイターさんなど

ほかの人と関わりながら

食事をするから、

一人で済ませちゃうより

さらに発見が多いです。

 

例えば、日本では大抵の物事がお客さん優先ですよね。

オーダーも、お会計も

お客さんが呼んだら、

ウェイターさんが行く。

 

でもパリでは違います。

オーダーを取るのも、お会計も、

テーブル担当のウェイターさんが

そのタイミングを決めます。

 

もちろんレストランによって違いますが、

ウェイターさんはそれぞれ

担当のテーブルをいくつか持っていて、

各テーブルのお客さんたちの

入店~退店がスムーズに行くように

オーダーテイクや料理のサーブ、お会計などを

タイミングを見計らって行っています。

 

スムーズに行くようにといっても

混雑する時間帯は

ウェイターさんの仕事量が多いため

最後の料理を食べ終わってから

お会計の伝票が渡されるまでに

結構時間がかかったりするんですけどね。

 

でも、そこにもフランスの人の

食と時間に対する

価値観の違いが垣間見えました。

 

日本のように、

早い=良い

という方程式はないのかな、という感じ。

特に食事は、

会話を楽しみながら、

ゆったり時間に余裕をもって頂くもの

という感じ。

ウェイターさんは忙しそうだったりするけれど、

お客さんは対照的にのんびりしている。

 

時差ぼけなどで体が疲れている中、

海外でこういう時間を一度は持つと

さらに旅が充実するかも?

 

わたしは後日

一人で別のレストランにも入って

ランチを頂きました。

 

スモークした鴨肉がのったサラダ。

お肉は柔らかくてまろやかでおいしかった~。

 

 

メインは写真撮り忘れちゃいましたが、

ゴルゴンゾーラとほうれん草のキッシュ。

香り豊かでそれも美味でした。

デザートはアップルタルトとサワークリーム。

リンゴたっぷりで嬉しかった!

 

 

テイクアウトでは味わえない

現地の料理たち。

「経験」は旅の醍醐味です。

ぜひ、パリに来た際はレストランに入ってお食事を!

 

外にメニューを置いているレストランがほとんどですので、

まずは外でメニューを見て、

食べたいものがあるかなどを確認して入るといいです。

人気店は予約が必要な場合もありますが、

席が空いていれば入れることもあります!

 

 

わたしが1つめに書いたレストランはこちら

Semilla

住所 54 Rue de Seine, 75006 Paris, France

 

 

2つ目はこちら

Au Lys D’Argent

住所 90 Rue Saint-Louis en l’Île, 75004 Paris, France

 

お読みいただき、ありがとうございました:)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

管理栄養士の養成課程を卒業後、大学院に進学。 そこで約半年間休学し、カナダ、ニューヨーク、カンボジアで食に関連したインターンシップに従事した。 ブログでは食、健康、大好きな旅に関する情報を発信する。 詳しくは「ミチについて」にて。 連絡は「ミチに連絡する」からメッセージを送っていただけます。