【2020年最新版】フィレンツェカードって買うべき?

※更新情報※ 2020年7月18日 内容を見直しました

ミチ

聞いて聞いて!今回のフィレンツェ旅行で50ユーロも得しちゃったの!

ぴょん

おかえり!え、50ユーロも!?一体どうやって???

ミチ

ふふふ…フィレンツェカードを使って美術館めぐりをしたんだよ。

今回はこのカードについて説明していきますね!

この記事は次のような方に役立つものとなっています!

  • これからフィレンツェ旅行をしようとしている方
  • フィレンツェカードを買おうか迷っている方
  • 美術館めぐりが大好きな方

この情報がみなさんの旅行をよりお得に、そしてよりステキにしてくれること間違いなしです!

フィレンツェカードとは?

フィレンツェカードとは、簡単に言えば美術館や博物館の共通チケットです。

パリのミュージアムパスなどと似ており、

「これ一枚で、加盟の美術館どこでも入れます!」

といった感じの便利な一枚。

デザインはこんな感じです。(2018年当時)

firenzecard

プラスチック製でしっかりしたつくりとなっています。

ケースとマップ、ネックストラップ付きでその場で首から下げられるのもうれしいポイント。

ズバリ、購入すべき?

ただ、購入を悩むポイントがあるとすればそのお値段かなと思います。

72時間有効で85ユーロと、日本円だと約11,000円ほどします。(1ユーロ130円換算)

「3日間で元とれるのかなあ?」と若干迷いますよね。

ズバリ言いますが、とれると思います。

わたしが3日間で訪れた施設は次の通りです。

(カッコ内は各施設個別のチケットの価格 ※価格は執筆当時のもので、シーズンによっても異なります)

1.ドゥオーモ(サンタマリアデルフィオーレ大聖堂)(共通券18ユーロ)

2.ウフィツィ美術館(20ユーロ)

3.サンタマリアノヴェッラ教会(7ユーロ)

4.ヴェッキオ宮殿(共通券19.5ユーロ)

5.アカデミア美術館(20.75ユーロ)

6.メディチ家礼拝堂(9ユーロ)

7.サンタクロチェ聖堂(8ユーロ)

8.ピッティ宮殿(共通券10ユーロ)

9.サンマルコ美術館(8ユーロ)

10.ストロッツィ宮殿(14ユーロ)

フィレンツェカードなしで個別で訪れていたらチケット代が合計134.25ユーロかかっていました。

つまり、約50ユーロもお得に美術館めぐりができたんですね!

50ユーロもあればおみやげも色々購入できるし、しっかりめのランチも楽しめるのでこれはかなり大きい!

有効期限72時間の点ですが、フィレンツェは主要な観光スポットへはどこも徒歩で移動可能なほどコンパクトな都市です。なので、フィレンツェカードの有効期限が3日間でもわたしは全く問題を感じませんでした。

(新サービスが始まり、購入後12ヶ月以内のフィレンツェカードに限りプラス28ユーロで有効期限を48時間延ばせるようになりました。足りない!という方は延長もできるのでご安心ください)

しかも、入場を優遇されて行列をスキップできるところも多いので、限られた時間をかなり有効活用できるようになります。

ウフィツィ美術館やアカデミア美術館は世界的にも超有名な美術品(レオナルドダヴィンチの受胎告知や、ミケランジェロのダヴィデ像)を所蔵しており、世界中から観光客が訪れます。

わたしが訪れた際も開館前から長い列ができていて、フィレンツェカードなし・予約なしで入ろうとする場合はそれなりの待ち時間を覚悟せねばなりません

ウフィツィ美術館:実は外に長蛇の列あり

でも、フィレンツェカードを持っていれば専用のレーンを通ってスイスイ進めたり、到着とほぼ同時に入場可能です。

(2020年現在は、フィレンツェカード保持者もウフィツィ美術館やアカデミア美術館では要予約です※無料)

世界中から人々が集う超人気の美術館で行列をスキップできるのは、フィレンツェカード保有者、もしくは(手数料を払って)事前予約した人たちだけの特典です。

行列に並ぶ必要もなくなるし、入館料を調べる手間や窓口でお財布を出す手間もなくなって、さらに入場料がお得になる。

わたしは実際に使用して、フィレンツェで美術館めぐりをしたい方はフィレンツェカードを買ったほうがいいという結論に至りました。

ただ、各施設カードで1度のみ入場可能なので、後で「あれ見逃した!」ということがないようにしましょう!

2020年最新情報

公式HPを確認したところ、ここ数年でいくつかルールが変更になっていました。

以下、日本語で解説していきます。

変更点①

フィレンツェカード購入者も、ウフィツィ美術館アカデミア美術館については、列をスキップするために入館予約【無料】が必要になりました。

予約方法は次の3つです。

⑴電話予約

コールセンター+ 39 055-294883に電話し、予約します。(月〜金曜日・8:30-18:30の受付)

時差の考慮や国際通話料金の発生など色々不便なので、次の⑵か⑶がオススメです。

⑵フィレンツェカード購入後、次の3ヶ所のどこかで予約する。

  • オルサンミケーレ教会
  • マイアカデミア(アカデミア美術館至近のチケットオフィス)
  • ウフィツィ美術館

上記3ヶ所でフィレンツェカードを見せれば予約できるようです。

⑶次の3ヶ所でフィレンツェカード購入時に、同時に予約する。

  • ウフィツィ美術館
  • バルジェロ美術館
  • ピッティ宮殿

(3)の注意点としては、上記3ヶ所でフィレンツェカードを購入すると同時に予約もできるという点です。

すでにどこかで購入してフィレンツェカードを持っている場合は、

⑵の方法で予約を入れましょう。

変更点②

フィレンツェカード購入者も、ドゥオーモ(サンタマリアデルフィオーレ大聖堂)のクーポラへ登るためには予約が必要になりました。

向かいにあるジョットの鐘楼から撮ったクーポラ

変更前は、フィレンツェカードを持っている人はクーポラへ登る際予約は要りませんでしたが、今回の改定で必須となりました。

予約は、ドゥオーモすぐ近くのサンジョヴァンニ広場にあるドゥオーモ付属美術館に併設されているチケットオフィスで入れることができます。

ドゥオーモ付属美術館 住所:Piazza del Duomo, 9, 50122 Firenze FI, Italy

もちろん、追加料金などはかかりません。

どちみち、ドゥオーモを含むジョットの鐘楼など関連施設に入場するためには上記の施設でチケットを発行してもらう必要があるので、同時にクーポラの予約もしちゃいましょう!

フィレンツェカードの購入方法

フィレンツェカードの購入方法は次の3つです。

1.オンラインで購入し、スマホのフィレンツェカードアプリにて使用する。

2.オンラインで購入し、フィレンツェ市内の窓口で受け取る。

3.現地の窓口で購入する。

わたしは現地の窓口で購入しました。

現在の購入可能窓口は12か所。

画像は公式サイトから引用

また、購入可能な場所事前購入したものを受け取れる場所はイコールではないので、詳しくは公式サイトをご参照ください。

+7ユーロで市内のバスやトラムが3日間乗り放題になるフィレンツェカードプラスも購入可能です。

ただ、フィレンツェは小さくてどこへ行こうにも徒歩圏内ですし、街並みがきれいなのでバスは必要ないかな~と思います。

以上、フィレンツェカードに関する情報、いかがでしたでしょうか?

わたしは特に以下の点に、フィレンツェカードのメリットを感じました。

  • トータルで50ユーロもお得に美術館をめぐることができた
  • 行列をスキップできた
  • チケットの価格などを事前にリサーチせずにすんだ
  • チケット窓口でお財布を出す手間省けた

この情報がみなさんの役に立てたらとてもうれしいです!

ステキなご旅行を!

チャオ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

管理栄養士の養成課程を卒業後、大学院に進学。 そこで約半年間休学し、カナダ、ニューヨーク、カンボジアで食に関連したインターンシップに従事した。 ブログでは食、健康、大好きな旅に関する情報を発信する。 詳しくは「ミチについて」にて。 連絡は「ミチに連絡する」からメッセージを送っていただけます。